ホーム保存修復 >根管治療


根管治療

ニッケルチタン ファイル

精度の高い根の治療を追求するため、ニッケルチタンファイルを使用しています。

 歯根へのダメージを低く抑えることができます。通院回数を減らすことも可能です。


ラバーダム

ラバーダムを使用することで衛生的で安全な環境で治療することができます。

・薬液が粘膜や他の歯に付着することの防止

・治療精度を低下させる唾液の侵入を阻止

・呼吸による湿気のコントロール

など、多くの要因で成功率を高めることに貢献できます。

 

 


ファイバーコア

弱った歯をグラスファイバー製の白い土台でしなやかに保護します。ファイバーコアは歯が割れてしまうリスクを軽減します。歯を削る量も少なく、型どり不要で1日で終わります。

歯根のモノブロック化により、従来では抜歯の対象となる歯を保存します。

 

 


ルート エクストルージョン

大きなむし歯で歯がほとんどなくなってしまっても、しっかりした根が埋まっていることがあります。埋まっている根を引っ張り出して、歯を使えるようにする治療です。


歯根端切除術

根の先の病変が大きかったり、根の先に細菌が感染していると、根の治療だけで治らない場合があります。歯根端切除術は感染している根の先端を切断してきれいにすることで、歯を使えるようにする治療方法です。


緩和ケア

抜歯以外の方法がない場合、抜歯する時期を限界まで遅らせます。痛みや腫れなどが出にくいように、エルビウムレーザーや消炎療法で対応いたします。

 

*緩和ケアが適応できない場合があります。