歯を残す治療・根管治療

歯の保存に真剣に取り組んで30年
1本でも多くの歯を残すために努力しています!


医療技術の発達により、従来は抜歯していた歯も残せる時代が到来しました。
抜歯するのは簡単ですが、歯を残すには技術と知識が必要です。

1本でも歯を残す努力をすることが、歯医者の使命であると考えております。

 

抜歯と言われてもあきらめないでください。
抜いたらもとに戻せません。
私たちは歯の保存に可能性があると信じております。

根管治療


ニッケルチタン・ファイル

 

より精度の高い根の治療を追求するため
超弾性合金であるニッケルチタンファイルを使用。
短期間で正確な処置が可能です。
歯へのダメージも低く抑えることができます。

 

さらに水酸化カルシウムを貼薬しております。
従来のホルマリン系の薬と比較して
圧倒的に安全で体に優しいです。


ラバーダム

 

ラバーダムとは治療中の歯を細菌から防御するための器具です。

使用しないと治療したところに病原菌が入ってしまい
むし歯の再発、治療後の痛みが出てしまう恐れがあります。

ラバーダム
ラバーダム装着の一例

ファイバーコア

 

弱った歯をグラスファイバー製の白い土台でしなやかに保護します

ファイバーコアは歯が割れてしまうリスクを軽減します。
歯が割れにくい 削る量も少ない その日に終わります。


MTA

 

MTAとは生体親和性に優れたセメントです。

歯根に病的に穴が開いてしまうと、感染が広がり、
抜歯になってしまうことがあります。
その病的な穴(パーフォレーションやトランスポーテーション)をMTAで埋めることによって、

抜歯を阻止することができる場合があります。
外科的歯内療法にも応用できます。

MTAセメント

歯を残す治療


ルート・エクストルージョン

 

大きなむし歯で歯がほとんどなくなってしまっても

丈夫な根が埋まっていることがあります。
埋まっている根を引っ張り出して、歯を使えるようにする治療です。

ルート・エクストルージョン

歯根端切除術

 

根の先の病変が大きかったり、根の先にばい菌が感染していると

根の治療だけで治らない場合があります。
十分な歯質があるのに抜歯してしまうのはもったいないと思いませんか?
外科的歯内療法では感染している根の先端を切断してきれいにすることで
歯を使えるようにする治療方法です。

歯根端切除術

歯の緩和ケア


抜歯以外の方法がない場合、抜歯する時期を限界まで遅らせます。

痛みや腫れなどが出にくいように、エルビウムレーザーや減菌療法で対応いたします。

 

歯は抜いてしまったら、決して元に戻すことはできません。

多くの人が抜歯したことを後悔します。

インプラントにする前に一度ご相談ください。可能性がある場合があります。

*緩和ケアが適応できない場合があります。