根管治療と前歯部補綴

最近になってようやくCAD/CAM冠の早期脱離が収束している感があります。

接着操作が浸透してきたことが要因ですが、それにはメーカーや材料ディーラーの営業さんの努力が大きいと感じています。
そしてセメントの改善が急速に進んだことも寄与していると思います。

特にボンディングエージェントを含んだプライマー類によって被着面とセメントの剥離が激減したのでは、と考えています。
そこで今回は改めて接着ステップについて症例を交えて脱線気味に解説させていただきます。

 

続きを読む

レジンセメントの接着操作

ここ最近レジンセメントが賑わっているように感じます。CAD/CAM冠の保険採用によるレジンセメントの需要が伸びたためなのでしょうが、毎年のようにアップデートしている様相です。
私が研修医のころはレジンセメントというと臨床ステップが煩雑で、余剰セメントが除去しづらく、操作性も難しいため嫌煙されていましたが、近年のレジンセメントは本当に優秀です。
ここで改めてセラミックレストレーションにおけるレジンセメントの接着操作について解説していきます。

 

続きを読む

全顎に及ぶ審美的アプローチ

審美歯科というとセラミックやホワイトニングというイメージが強いのですが、CRなどの直接修復も審美的アプローチが可能なポテンシャルを備えています。しかし、ただ充填すればいいのではありません。審美的かつ機能的に充填することが重要であり、形態不備は患者さんに医原的な症状を引き起こす恐れがあります。
接着修復は特別な道具や材料をそろえればだれでもできる治療ではありません。そういった意味で、歯科医師側の技術の研鑽がより必要であると日々実感しています。

続きを読む

セラミッククラウンによる補綴処置

近年のコンピュータを介した治療技術は目覚ましく進化しています。

歯科において特に進んでいる分野の1つが補綴処置の分野です。

保険適応となり話題となっているCAD/CAM冠をはじめ、コンピュータによる設計・加工がいつの間にか日常的になりました。

ですが、細部の仕上げは人の手が必須です。
特に上顎中切歯のように美しさが重要な部位では、コンピュータだけでは高い審美性を出すことができません。
ここ何年かで「ロボットやAIによって人間の仕事が無くなってしまう」といった意見を聞くことが多くなりましたが、

「センス」や「高度な技術」が問われる分野では決してなくなることはないと思います。

 

 

続きを読む

セラミックインレー修復

過去のブログを確認していて、セラミックインレーのケースを1つも掲載していなかったことに気づきました。
症例数は十分あるのに、その時の気分で書いていると偏ってしまうものです。
今回のケースは右上奥歯が欠けたことを主訴に、審美的な修復を希望された患者さんです。

続きを読む