メタルコアにおける審美的対応について

メタルコアにおける審美的補綴の要点と注意事項についてお話します。
こちらのケースは審美的理由より上部補綴の置換を希望された患者さんのケースです。根管および根尖に問題がなく、コアの適合性にも問題がなかったので、FMC除去後に補綴処置に移りました。

私はメタルコアの適合性の判断にセメントラインを参考にします。
こちらのケースではセメントラインが全周維持されていたため、コアの漏えいによる根管への感染が生じていないと判断しました。ちなみに1か所でも漏えいを疑う場合、レントゲン上で大きな問題が認められなくともコア除去・根管治療を行います。
補綴は予算の都合上、e.maxプレスのノンステイニングを選択しました。e.maxは光透過性がそこそこあるので、コアの色を拾いやすく、十分な唇頬側クリアランスが必要です。メタルコアのケースでは透過率が低いジルコニアフレームを用いるほうがより審美的に仕上がり、形成量も少なく済むと考えられます。


上記の理由により、形成は全周ヘビーシャンファーで行い、頬側は特に深めに形成を行いました。

メタルプライマーの塗布を行っている写真です。プライマー処理によってセメントのヌレ性の向上、接着強度の増加が期待できます。このケースで装着されているコアは銀合金コアなので、プライマー処理は必須ではありません。ゴールドコアやPGAコアなどの貴金属コアにおいて、プライマーによって表面に酸化膜を形成することは接着において必要だと考えております。


セメントはジーシーのリンクエースAO3を使用しました。メタルコアのケースではオペーキーなセメントの使用をお勧めします。しかしセメントで完全にメタル色を遮蔽することはできません。あくまでおまけであって、唇頬側クリアランスを確保することで、補綴物に必要な厚みを確保することが大前提です。
リンクエースのセメント除去はスルッと剥けるように取れてくれるので非常に重宝しています。


補綴物からのコアの透過は認められないのですが、歯肉がthin typeであるため、コア色が透過しています。これは術前に十分に患者さんに説明が必要な部分です。特に日本人の歯肉は薄い傾向があるので前歯部補綴の際のコアの選択は審美補綴において十分に考慮すべきです。