究極のMI修復 ワンユニット・ブリッジ

まったく削らず、その場で歯を入れる・・・そんな夢のようなことが可能であることをご存知でしょうか。
現在のコンポジットレジンは機械的性能の向上と、接着力・接着耐久性の飛躍的な向上により
以前では不可能であると言われていた処置が可能になりつつあります。
その一つが「ワンユニット・ブリッジ」です。

今までの欠損補綴を大きく分けると
①義歯
②ブリッジ
③インプラント
に大別されます。
どれも一長一短あるのは周知のとおりですが、ここに「充填」が加わる日も近いと確信しております。


CR修復の権威ともいえる宮崎真至先生の言葉を引用すると
「コンボジットレジンの特性を理解することによって、これまで認識されていなかった修復技法が、今後確立する感がある。

そのためにも、臨床の場と研究の成果とが融合される必要があるはずである。」
(「コンポジットレジン修復のサイエンス&テクニック」宮崎真至先生 より引用)
ワンユニット・ブリッジは非常にテクニカル・センシティブな点と、エビデンスの確立が十分ではないため一般的な治療ではありませんが、その臨床的有用性は計り知れないのではないでしょうか。

 


前歯が抜け落ちてしまったことを主訴に来院されました。

女性にとってこのまま何週間も歯がないのは審美的にも精神的にも辛いものがあります。

咬合などの精査の結果、ワンユニット・ブリッジを適応できると判断し、説明・同意ものと処置に入りました。

 


シリコンコアを用いてあらかじめバックウォールを作ると、その後の造形操作が比較的スムーズに進みます。

 


充填後です。審美的問題は大きく改善されました。
1時間以内に処置を終えることができましたが、長時間の開口が伴うため、
患者さんのご協力に大変感謝しております。

ワンユニット・ブリッジの利点としては
①全く歯を削らない
②骨などの他の組織に障害を与えない
③1回の処置で終わる
④印象などの付随的処置が不要
⑤タービンの使用回数の大幅な軽減
などが考えられます。

当然咬合の精査など厳格な診査をもとに適応する必要性がありますが、
たとえ脱離した場合でもそのほかの欠損補綴に変更が効きます。
つまり「後戻り可能な治療」である点も大きな利点であると考えております。
インプラントやブリッジは「やっぱり元に戻してほしい」は通用しない、後戻りできない一方通行の処置です。
さらにワンユニット・ブリッジはその場で処置が可能であるため、即日で審美的回復が可能です。
コンピュータ支援機器の発達によって一般化する日も近いのでは・・・。

 


2か月後の写真です。全く問題なく機能しております。
症例の患者さんも最初はマスクをつけて来院されましたが、治療後は満面の笑みで帰宅されました。
鏡を見せた時の笑顔が今でも忘れられません。