歯牙着色による審美障害

タバコや食べ物や飲み物による着色は、日常的に遭遇する審美障害の1つです。


何年と経過した頑固な着色はきれいにするのに骨が折れるのですが、

 

かといって力任せにスケーラーをガリガリ使用すると、エナメル質へのダメージが心配です。

 

そこで近年登場したグリシンパウダーを使ったエアフローを用いて

 

歯牙着色へ対応した症例を紹介します。

 


歯が黒くて気になることを主訴に来院されました。今まで1度もクリーニングを受けたことがないとのことです。


主に前歯部 舌・口蓋側に広範囲にわたる着色と歯石沈着を認めました。

 

前歯部 舌側・口蓋側はブラッシングが困難であり、加えてタバコの煙が直接当たりやすい場所であり

 

歯牙着色の好発部位といえます。

 

 

 


術後の写真です。


頑固な着色を落とすポイントは「道具の選択」にあります。

まず超音波スケーラーで除石を行います。

 

歯間部の細かい歯石には、鎌型スケーラーを使用しています。

 

 

除石後にペリオメイトにて着色を落としていきます。

 

ペリオメイトは必須アミノ酸の1つであるグリシンを使用したエアフローです。

 

EMS社のエアフローのペリオパウダーとほぼ同等の製品で、

 

当医院ではパウダークリーニングと呼んでいます。

 

従来のエアフローと比較して歯牙へのダメージが少なく、歯周ポケットへ応用可能です。

 

歯の表面は微細な凹凸があり、そのような形態ゆえに清掃が困難な部位が存在します。

 

グリシンパウダーを使用することで、歯の微細な凹凸を効率的に清掃することができ

 

加えて歯牙へのダメージを最小限に抑えることができます。

最後にプロフィーカップで研磨を行い終了です。

 


不安そうに来院された患者さんが、帰り際には笑顔になってくれるのはうれしいですね!