マジックマージン・テクニックを併用したゴールドインレー修復

歯科とゴールド修復は最高の相性であると考えております。
修復および補綴において絶対にはずせない条件のひとつにマージンラインの適合性があります。
簡単に言うと「むし歯であいた穴と詰め物がどれだけぴったりか」が非常に大切なのです。
マージンのズレは後の2次カリエスの原因となってしまいます。
とはいっても間接修復では作業模型上でset物を作成するため、口腔内とのずれが必ず生じてしまいます。
そのずれを補正する方法が「マジックマージン・テクニック」です。
ほんの少しの手間で見違えるほどの適合性を出せます。

 


「金属の下に穴がある」ことを主訴に来院されました。
自己管理がしっかりされている方でしたので、ほとんどプラークの付着がないのですが・・・。
適合性を無視した修復処置は、患者さんの努力ではどうしようもありません。

 


ラバーダム装着後、インレー除去を行い軟化象牙質の除去を行いました。
着色象牙質は可及的に保存しております。
今回の症例でエキスカベーションにて硬化を確認できる象牙質をタービンで除去すると、露髄の危険があります。
う窩の色だけで判断するべきではなく、エキスカベータや齲蝕検知液を積極的に使用することで、歯髄を積極的に保存できると考えております。
詳しい記述は厚生労働省委託事業の一環で一般公開されている「う蝕治療ガイドライン」を参考にしてください。


  グラスアイオノマーセメントである「フジⅨ GP EX」にて裏層を行い、インレー窩洞の形成を行いました。
隣接面形態は広いフレア形成で仕上げました。
ボックス形態はセメントの基本性能の向上で、必ずしも必要な形態ではないと認識しております。
GCフュージョンⅡにて印象採得を行いました。

 


装着直後の写真です。技工士さんのおかげで適合性は良好ですが、間接修復ゆえの微妙なズレがあります。
このズレを修正する方法が「マジックマージン・テクニック」です。

 


マジックマージン・テクニックはゴールド特有の展延性を活かした方法です。
削れないツルツルのバー(刃はついていませんが)を使って、ゴールドを引き延ばすことで、マージンラインに密着させていきます。
印象をとってもマージンラインが印記されないほど適合します
使用するバーが入手困難であり、加えて時間がかかるので、あまり普及していないのが残念です。
市販されているバーを加工したり、オーダーメイドしてくれる会社もあります。

 


ゴールドは耐腐食性に優れ、辺縁適合性が良い修復材料の一つです。
ジルコニア、セラミックス、二ケイ酸リチウムなど多くの間接修復材料が市販されていますが
適合性においてゴールドを超える材料は存在しません。
長い歴史があり、十分なエビデンスも存在するため、その安心感は絶大です。
新しい治療方法や材料は華やかに上市されるためか、そちらに意識が向いてしまい
ともすると過去の優秀な治療方法が置き去りになってしまう面があります。

 


歯科医師である父からは、過去には大学で教えていたとのことです。
「金箔充填にゴールドインレーを何ケースもやらないと留年だったから大変だった」
とよく言っています。
私は大学で教わっていません。セミナーも大々的に開催していません。
このままだと良い治療が確実に風化してしまいます。

 


写真は約10か月後の経過です。問題なく機能しております。
フロスが引っかからなくなり、掃除しやすくなったと喜んでいただけております。
遠方よりお越しの患者さんですが、律儀に通院していただけているだけでなく
完璧なホームケアを実践しているため、大変感謝しております。
治療テクニックも大切ですが、信頼関係はそれ以上に重要ではないでしょうか。