ペリオメイトを用いた口腔ケア

数年前にEMS社によって広まったエアフロー+グリシンパウダーの歯周治療への応用ですが、近年はナカニシ社を始め多くの会社から上市されています。グリシンは必須アミノ酸のひとつであり、生体為害性が極めて少なく抗菌作用の報告もあります。
歯周ポケットへ適応することができ、歯周組織のプラークコントロールに最適です。
バイオフィルムごと歯面から細菌を除去することができ、歯面を傷つける心配も極めて少ない。
そして抗菌薬ではなく物理的に減菌するため、細菌叢への影響と耐性菌への懸念がほとんどない。
私の臨床にとって手放せないもののひとつです。

 


「歯の着色を何とかしてほしい」ことを主訴に来院されました。タバコのヤニは通常のPMTCで落とすには骨が折れます。ペリオメイトパウダーは通常歯周ケアに使用しますが、ステイン除去にも威力を発揮します。
炭酸カルシウム系と比べるとマイルドですが、想像以上にステインを剥がしとってくれます。
そういえば海外ではエリスリトールのエアフローが発売されています。いつになったら日本で発売されるのでしょうか。

 


バリバリと剥がれるように落ちていく様はまさに爽快です。歯間部にはエアフローが到達しにくいので、ハンドスケーラーで地道に除去します。

エアフローが効かないくらい頑固なステインにはステインブラスターを使います。若干取り残しがありますが、患者さんには喜んでいただけました。
痛みがなく「痒い所に手が届いた」ように気持ちいいと感想を頂くことが多いです。
ペリオメイトはアミノ酸なだけに味も「旨い」ので文句なしですね!