小窩裂溝のステイニングについて

私の症例発表や雑誌の記事を読んだことがある先生は「言ってることが違う」となってしまいそうですが、実はステイニングする症例があります。それは歯科医療関係者の治療です。

 


「8番のベース周囲が二次カリになっているからお願いできないか」との主訴のもと、処置に移りました。

当医院は医療関係者の来院が多いのですが、特に同じ歯科医師の治療、しかも先輩歯科医師の治療には神経を使います。

しっかり神経を保存しないと・・・。

 

 


遊離エナメル除去後、ラウンドバーやエキスカベータで軟化象牙質を除去しました。

ラウンドバーはコメットのH1SEMを愛用しています。軟化象牙質を効率的に除去できるだけでなく、硬化象牙質を切削しないため、盲目的に操作しても安心して使用できます。

勿論、う蝕検知液やエキスカベータでの確認は絶対に怠りません。

 

写真は軟化象牙質除去後です。「これでカリエス取った後なの?」と疑問を呈する先生は多いと思いますが、着色象牙質は切削の対象ではありません。

むしろ感染性物質への抵抗で、反応的に象牙細管が石灰化しており、石灰化度は健全象牙質に勝ります。写真でも光沢があるのが見て取れます。

以前の処置時にサホライドを塗布しているため、より変色が顕著に見えることも考慮する必要性があります。

 

 


充填後の写真です。

着色象牙質を確実にオペークして、GCエッセンシアのDD、DEにて充填しました。

小窩裂溝の着色はエッセンシアモディファイヤーのRBMとBMを使用しました。

37の小窩裂溝の着色がブラックに近かったのでBMを主に使用しています。

 

ステインは加減が難しく、使用し過ぎると真っ黒になってしまいます。

私は細い探針で慎重に充填し、ペーパーポイントで加減の調整を行います。

細いKファイルも使いやすいです。

 

歯科関係者の皆様は小窩裂溝の着色を希望される方が多いです。

より解剖学的形態に近似させるには、やはりステインは必要です。天然歯感がグッと増します。

 

* 注意事項 *

 

こちらのページは東松山グリーン歯科の渡部誠弘が個人運営する勉強会での向上と研鑽を目的とした歯科医師向けコンテンツです。

症例写真は患者様の了解を得たうえで掲載しております。

無断複写・転載は一切認めておりません。