顎堤吸収の著しい症例への吸着義歯【動画】

一般的に下顎総義歯を安定させるのは困難であり、過去に多くの大先生方が並々ならぬ苦労をしてきた経緯があります。そのため数々の清書が出版され、学問としても確立されている感があります。否定される先生もいることを前提に話すと、義歯の製作過程を自己流で省略しない限り、良好な義歯を製作できると考えております。

 

 


入れ歯が外れやすいことを主訴に来院されました。上顎の顎堤は良好な状態なのですが、下顎の顎堤吸収が進行しており、特に右側において著しい顎堤吸収を呈する状態でした。さらに下顎前歯部相当部顎堤はフラビーガムの状態であり、義歯の安定を得るためには困難な症例と言えます。

 

  


難症例だからと言って特別なことはせず、愚直に進めていきます。

概形印象→精密印象→咬合採得→ゴシックアーチトレース→排列試適→装着

教科書的な進行ですが、この流れは何十年もの歳月を経て確立されています。ひとつひとつのステップを確実に進めることが最も大切だと思います。本症例ではフラビー部分の顎堤が変形しないように印象圧のコントロールと、顎堤の維持力に不安があるために周囲筋肉と調和するように、筋圧形成を慎重に行いました。

 

  



完成義歯です。下顎義歯の安定を得ることができました。動画より吸着を得ているのがわかると思います。

患者さんにも感動していただき大変光栄に思います。

吸着することだけが大切なのではなく「患者さんが日常において支障なく使える義歯」を製作することが大切だと考えています。

インプラントの登場によって厄介者扱いされている総義歯ですが、適切に製作さえすればほぼ問題なく食事ができます。過去、私が担当した患者さんの中には野菜をかじったり、フランスパンを食べられる方もいました。

義歯の成否を決めるのは、義歯への情熱なのかも、と考えています。

 

 

* 注意事項 *

 

こちらのページは東松山グリーン歯科の渡部誠弘が個人運営する勉強会での向上と研鑽を目的とした歯科医師向けコンテンツです。

症例写真は患者様の了解を得たうえで掲載しております。

無断複写・転載は一切認めておりません。