矯正しない正中離開へのアプローチ

正中離開の矯正は一見簡単に思えますが、実は難しい一面があります。
それは後戻りによる矯正の失敗です。
歯牙移動量が少なく、傾斜移動で対応できるため、早期に移動完了できます。場合によっては数日で移動します。

しかし、正中離開は移動した後の対応が肝心です。然るべき保定を行わないと急速にリラップスします。

そのため多くの先生は自然保定を断念し、口蓋側をワイヤーなどで永久固定します。中には連結固定されてしまっているケースもあります。そのような永久固定は果たして合理的と言えるのか、私としては疑問が残ります。

  


ティーンエイジャーの女性です。歯のすき間が気になることを主訴に来院されました。

上唇小帯がやや高位付着しており、正中離開の原因のひとつと推測しました。

本ケースを矯正的に対応しようとすると非常に危険です。
傾斜移動によって閉鎖すると、上唇小帯の高位付着が改善されておらず、再発の危険性が高いです。
それを避けるためには上唇小帯移動術を併用しなければならず、健全な歯周組織に弊害を与えます。最悪、フラップ手術の合併症による歯肉退縮を招き、審美的にも機能的にも疑問の残る結果となりかねません。
永久保定は清掃性と舌感、発音の観点より第一選択とはなりえないと考えています。
また、中切歯のみの移動では遠心に離開が生じる可能性が高く、2番~3番・・と結果として全顎的アプローチになってしまう可能性があります。

 

当初はMTMのみで、十数万円の費用で治ると説明

正中離開の再発

上唇小帯移動術で十数万円の追加費用

遠心に離開が生じ、全顎矯正に変更。100万円前後の追加費用

 

もしこのような結末になったら、はたして患者さんは納得してくれるのでしょうか。
正中離開の矯正は泥沼化する可能性を秘めており、術前の精密な診断が必要です。

  


歯冠形態の部分的な補正で対応可能と判断し、正中のダイレクトボンディングによって即日で対応しました。
もちろん切削は一切行っていません。
使用したシェードはAO2・B2・BW・WEです。

フッ素症と思われる軽度の白斑が認められたため、ややハイライトよりのレシピを選択しております。
象牙質のシェードはA2ですが、歯冠中央部に帯状に明度の高い層が存在しているため、あえてB2をボディとして選択しました。
カローレWEを選択しておりますが、今ならより不透明感が強く、華やかな印象のエッセンシアLEを選択すると思います。


近年の10代から20代前半の方の前歯部には本当に苦労させられます。複数のシェードが混ざっており、加えてやや歯牙フッ素症気味の方が多いのでシェード選択に悩みます。

  


1か月後の経過観察です。全く問題ありません。

ブラックトライアングルは適切な歯冠形態を付与することで、歯冠乳頭が埋めてくれます。ダイレクトボンディング時に埋めてしまうと、清掃性の点で不利に働き、かえって歯肉退縮を招く原因となります。

そもそも審美的に違和感が強く出るため、私は埋めずに歯冠乳頭の上昇を待ちます。

  


1年9カ月時点で来院された時の写真です。特記事項なく、順調に経過しております。この間に再研磨を一切しなかったのですが、光沢をしっかり維持しています。さすが国産です!
「歯並び=矯正」と短絡的に考えがちですが、すべての患者さんに矯正が最適とは限りません。複数の治療選択肢を持つことで、より柔軟に対応できます。

 

   

* 注意事項 *

こちらのページは東松山グリーン歯科の渡部誠弘が個人運営する勉強会での向上と研鑽を目的とした歯科医師向けコンテンツです。
症例写真は患者様の了解を得たうえで掲載しております。
無断複写・転載は一切認めておりません。