遊離エナメルの保存の是非

CR充填において、象牙質の裏打ちのないエナメル質を残して充填すべきかどうか悩ましい場合があります。

MIの観点からできる限り歯質を保存すべきなのですが、症例によっては遊離エナメルを残したがゆえに、早期の歯冠破折を招くことがあります。

今回は上顎前歯部の唇側遊離エナメルを保存することによって、複雑なレイヤリングを回避することができた症例を紹介します。

 

 


70代女性の方です。主訴は別部位なのですが、私から前歯の見た目の改善について提案させていただきました。もう何年もこの状態で、治療できないと考えていたそうです。疼痛などの自覚症状はありません。

 

  


軟化象牙質および審美上問題となりそうな着色象牙質の切削をおこないました。ミラーテクニックにて唇側エナメル質を保存しました。

本症例のように象牙質の彩度が高く、エナメル質の透明性が高い症例の充填は非常に難易度が高く、色調選択に苦慮します。

要は「透けてない透明感」という、相反する表現が必要なのです。

しかし、唇側面を温存することで、シェード選択の難易度がぐっと下がります。ラバーダムは本人希望により使用していません。

 

   


充填後の写真です。エイジングが進んでおり、歯質の厚みが薄かったため充填ボリュームに制限がありました。

そこで明度を上げることに注力し、オペークシェードのみで仕上げました。

唇側エナメル質を保存したためキャラクタライズが不要なうえ、最も難しいエイジングによる透明性のコントロールが不要になります。

 

ただし、唇側エナメル質は象牙質の裏打ちのない遊離エナメルです。

しかもエイジングが進んでおり、クラックも入っています。若年者とちがい、非常にもろい状態なのです。

CRは重合収縮するため、充填量が多すぎるとエナメルがCRに引っ張られて、バキッと破断することがあります。

ミラーテクニックで頑張って歯質を温存して、充填中にクラックを入れてしまい、遊離エナメルを除去して充填しなおした苦い経験があります。

 

盲目的に遊離エナメルを残すと早期の失敗につながるため注意が必要です。 

エナメル小柱の走行方向をしっかりと頭に入れて、引っ張り応力に耐えうる窩洞形態の付与を心がけましょう。

歯質を残すことで招くトラブルがあることを忘れてはいけません。

 

本症例では重合収縮率が低いフロータイプのCRをチビチビ充填しています。光照射方向による重合収縮の方向について、フロータイプではああまり意味がないと言われていますが、一応低出力で唇側方向から重合させました。

念のために言うと、照射器の出力が高ければ重合時間が短くなるわけではありません。熱量が多くなるので若干早くなりますが、あくまで適切な照射時間を厳守してください。

 

  


約8か月時点で問題なく経過しています。11切縁の一部がチッピングしているのが気がかりです。

慎重な経過観察が必要です。

 

 

先日フィリピンで新種の原人であるルソン原人のものとみられる歯が発見されました。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041200225/

 

歯は石灰化度が高く、化石になりやすい上に、人種別の解剖学的形態を把握しやすい特徴があります。

歯髄のDNAがサンプリングされることもあるそうで、歯の化石が見つかっただけで、かなりの情報量になると言われています。

また、摩耗度合いや歯石から何を食べていたのか推測できるそうです。

 

歯を磨かないで、歯石だらけでいれば、何万年後かに考古学的に価値のある歯として博物館に展示されるかも・・・いや、しっかり磨きましょう!

 

* 注意事項 *

 

こちらのページは東松山グリーン歯科の渡部誠弘が個人運営する勉強会での向上と研鑽を目的とした歯科医師向けコンテンツです。

症例写真は患者様の了解を得たうえで掲載しております。

無断複写・転載は一切認めておりません。